韓国の歴史

韓国語の表現(チョナ):陛下・殿下・邸下・王様の呼び方

時代劇で王を呼ぶ名称は多種多様です。

色々な呼び方の、それぞれにはいったいどんな意味があるのでしょうか?

時代劇で陛下・殿下・邸下・王様の呼び方

あるドラマでは「폐하:ペハ(陛下)」、またあるドラマでは「전하:チョナ(殿下)」

はたまた「주상전하:チュサンチョナ(主上殿下)」、「저하:チョハ(邸下)」

마마:ママ(媽媽:王とその家族に使う敬称)」といった呼び方まで出てきます。

【権力の差と呼称の変化】

ペハ(陛下)は独立国や中国皇室の皇帝を指す言葉で、チョナ(殿下)は従属国や臣下国の王を指す呼び方です。

韓国も高麗中期までは「ペハ(陛下)」という呼称を使っていました。

しかし、元の支配を受けていた高麗25代目の忠烈王の時代、呼称を「皇帝」から「」に下げて呼ぶようになりました。

また、朝鮮王朝時代、韓国が明の諸侯国になると、王と後を継ぐ息子の呼称が1段階ずつ下がります

すなわち「ペハ(陛下)」は「チョナ(殿下)」に、「チョナ(殿下)」は「チョハ(邸下)」に下がったのですね。

そして「태자:テジャ(太子)」も「세자:セジャ(世子)」に下がります。

言葉の由来と意味

【ペハ(陛下)】

ペハ(陛下)という言葉は「宮殿に上がる階段の下」という意味から来ています。

中国では、臣下が皇帝に直接ものを言うことはなく、階段の下で護衛する人を通してのみ発言していたことから、皇帝の尊称になりました。

【チョナ(殿下)】

チョナ(殿下)は「殿閣の下」を指す言葉です。

殿閣の下にひれ伏したり、立って仰ぎ見るという意味ですね。

【チョハ(邸下)】

チョハ(邸下)は王世子、または王世孫の尊称として使われていた名称です。

意味はチョナと違って大きな家を意味する「殿」ではなく、ただの家、つまり「」の字を使うことにより、王より低い者という意味を表わしています。

【チュサンチョナ(主上殿下)】

チュサンチョナ(主上殿下)という呼び方は、高麗の第24代の王である元宗(1259~1274年)の時代以降、モンゴル(元の国)が高麗の王に対して使われるようになります。

娘婿なのだから「皇帝」または「陛下」という呼称を使うのは不適切だとして、高麗の王を「チュサンチョナ」とレベルを下げて呼ぶようになりました。

(実際は第25代忠烈王の時から「チュサンチョナ」の呼称が使われました)

【ママ(媽媽)】

ママ(媽媽)は王とその家族の称号の後に使われ、尊敬の意味を表わす言葉です。

(高官の妾の尊称として使われたり、朝鮮王朝時代に下の人間が尚宮を敬って呼ぶ言葉でもありました)

呼び方と服

【服の特徴】

ドラマ「大祚栄」では中国の皇帝と臣下の服を見ることができますが、中国の皇帝は黄色い服を着ています。

中国の臣下のうち身分の高い者は、朝鮮の王が着ている服とかなり似た服を着ているのが分かります。

황룡포(ファンニョンポ:黄龍袍)と呼ばれる皇帝の服は黄色で、象徴する霊物は龍です

一方、곤룡포(コンニョンポ:袞龍袍)と呼ばれる王の服は赤で、象徴する霊物は鳳凰ですね

それ以外にも帝国と王国の間には様々な違いがあるが、帝国の場合、皇宮の部屋数は9999

しかし、王国の場合、王宮の部屋数は999を超えてはいけません。

【歴史の移り変わりと国の独立】

西暦660年、軍人キム・ユシン(金庾信)が国政を掌握した新羅が、朝鮮半島に唐の軍隊を引きいれて三国を統一します。

そこから、イ・ソンゲ(李成桂)が女真族の力を借りて朝鮮を建国した歴史までを見てください。

独立国だけが所有することのできる「ペハ(陛下)」という呼称を失った理由は、個人の野望のためだったと言うことが分かります。

韓国語表現

《なぐさめる・同情する》

열심히 하세요. 頑張ってください。

열심히 하겠습니다. 頑張ります。

힘 내세요. 元気出してください。

신경 쓰지 마세요. 気にしないでくださいね。

운이 나빴어. 運が悪かったんだよ。

불쌍해. かわいそう。

오늘만 날이냐? 明日があるさ。

おすすめ韓国語レッスン

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP