現地生活・注意点

キムチが韓国を代表する食べ物である理由

キムチが韓国を代表する食べ物である理由

「なぜ韓国人はパスタにピクルスがついてこないと興奮するのか?」が気になって、夜も眠れなかったYさんが、今度は「なぜ韓国人はカレーにキムチを食べるのか?なぜ韓国人はさつまいもにキムチを食べるのか?」という質問をもってやってきた。

 言われてみると、私も家でカレーやさつまいもを食べる時、らっきょうやお茶の代わりにキムチを食べていた。生まれてこのかた30年、さつまいもにキムチを食べることを一度もおかしなことだと考えたことがなかった私は、Yさんの質問のおかげでどの料理にも欠かせないキムチが韓国を代表する食べ物である理由についてじっくり考えることができた。

 アメリカの健康専門誌「ヘルス」は、日本の大豆食品、インドのレンズ豆、スペインのオリーブ油、ギリシャのヨーグルトと共に韓国のキムチを世界5大健康食品のひとつに選定した。ビタミンA,B,C等が豊富で、健康によいとされるバクテリア乳酸菌が多く、消化を助けてくれる抗がん効果にすぐれた食品として知られているキムチは今や世界でも広く好まれる食べ物となった。

キムチはどんな食べ物と食べてもよく合う

 キムチはどんな食べ物と食べてもよく合う。韓国の食べ物だけではなく、中華、欧米各国料理、そして日本の食べ物ともよく合う。

 キムチが他の国の食べ物ともよく合うのは、発酵食品だからだ。生ものと火を通したものの中間に位置する発酵食品なので、生のものとも、火を通したものともよく合うのだ。

 また、キムチは個体と液体の両面性を兼ね備えている。キムチには他の国の野菜を使った食べ物とは違って汁があり、その汁があって初めて本来の味わいがでる。

 韓国キムチのすぐれた味は、多種多様な合わせ調味料の調和の中から生まれる。キムチに使われる主材料である白菜や大根を始めとし、ネギ、にんにく、しょうが、とうがらし、塩辛等、各種の調味料が渾然一体となり、食物性食品と動物性食品の絶妙な配合が味の深みを増してくれるからだ。互いに違う機能をもった材料が発酵する過程の中で、乳酸菌が活性化物質を出し、複合的に作用するよう助けるのだ。

 キムチの色は他の野菜でつくる食べ物よりも美しい。キムチの主材料となる白菜には、すでに白い茎と緑の葉っぱ、そして黄色の3つの色がまんべんなく入っている。

 この白菜の色がとうがらしの赤とよく合って味覚と食欲をかきたてる。ここにカラシ菜や岩茸のような黒っぽい色が加わると、5つの色彩が美しい調和をなす。 このようなキムチが発酵すると、味もひとつではなく、辛み、酸っぱさ、甘さ、そしてしょっぱさ、苦みの5つの味わいがでる。 キムチに見る5つの色は、宇宙を象徴する五方色と深い関連がある。 陰陽五行説で青は東、赤は南、黄色は中央、白は西、黒は北を象徴している。キムチはこのような五行の5つの色と5つの味をもつ韓国の代表的なオリジナルフードだ。

 キムチが韓国を代表する食べ物である理由は、このようにキムチの味や色、外見の中に韓国人固有の文化と精神が込められているからだと言えるだろう。

韓国語表現

 <오방색(五方色)と음양오행설(陰陽五行説)>
黄色:東洋哲学で事物を構成する成分だといわれる五行のうち土で、宇宙の中心だ。五方色のうち最も重要で尊い色と考えられており、王だけが黄色い服を着ることができた。

青色:五行のうち木で、東に当たる。すべての生物が生まれる春の色だ。  創造、新しい生命を意味し、悪い気をもった悪霊を退け、福を願う色として用いられた。

白色:五行のうち金で、西に当たる。清潔、真実、生などを意味し、韓民族が白い服を好んで着る理由にもなった。

赤色:五行のうち火を表わし、すべての生物が数多く生まれる暖かい南に該当する。 太陽、火、血などのように、新しい誕生、創造、情熱や愛情を意味する。

黒色: 五行のうち水に当たり、北で人間の知恵を統率する。

おすすめ韓国語レッスン

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP