増えるカンガルー族

ひとり酒族(ひとりで飲む酒を楽しむ人たち)、ひとり飯族(ひとりでご飯を食べることを楽しむ人々)、コーフィス族(コーヒーショップをオフィスのように使う人々)など。

新語が続々と誕生する韓国社会において、カンガルー族が5年で4倍に増加しました。

カンガルー族とは

カンガルー族とは、成人しても親から自立できずに、両親に依存して生きる人たちを指す言葉です。

韓国の大学の1年の学費が1000万ウォンを越え、ソウルの家賃も想像を超えるほどなので、大学卒業後、親の助けなしに自立することは現実的に不可能なことになってしまいました。

このような現実故に、20代~30代の10人に6人は自分がカンガルー族だと告白しています。

新カンガルー族の登場

育児の助けを求めて

しかし、最近は新カンガルー族が登場しています。彼らは自立する力もあり、親に生活費を援助することもできますが、独立せずに親と一緒に暮らすことを望みます。

親と一緒に暮らす新カンガルー族の中には共働きの夫婦が多いですが、その理由はやはり育児の問題のためでもあります。

親世代の負担増

このように既婚の子供夫婦と親が同居する割合が5年で4倍に増加したために、親世代の老後の生活に余裕がなくなってしまいました。

親世代は子育てを終えて、余裕のある老後を送ろうと考えていましたが、60歳を超えてまた育児が始まり、子供の家賃や学費を援助するために老後の対策を立てるひまもありません。

他国語のカンガルーたち

他の国でもカンガルー族に関する新語が登場していますが、

まず、アメリカではカンガルー族を「ツイスター(Twister)」といいます。20代後半になっても職もなくふらふらして、親のすねをかじりながら生活する若者という意味です。

ドイツでは「ネストホーカー(Nest Hawker)」といいます。巣の中で体を縮めているという意味です。

イギリスでは「キーパース(Keepers)」といいます。親のもとに戻ってきて、やることもなくよりかかって生きる子供という意味です。

カナダでは「ブーメランキッズ(Boomerang kids)」といいます。職もなくふらふらして親の家に戻ってきて生活する子供という意味です。

カンガルー族の是非

産業化が始まる前の韓国では、すべての家庭が3世代が集まって暮らす大家族システムでしたが、一瞬のうちに多くの家庭が大家族から核家族へと、核家族からひとり身世帯へと変わってしまいました。

これによって個人主義を心配する人々の間では、カンガルー族は歓迎すべきものととらえられることもあります。

もちろん伝統的な家族の雰囲気がよみがえることは嬉しいことかもしれません。

しかし子供が両親と一緒に暮らすために3世代が集まって住んでいた時代と、子供が親に頼ることによって誕生したカンガルー族のシステムとではまるで違う感じがします。

【国もカンガルー族対策】

国もカンガルーたちが親のもとから出てくることができるように、1.若年層の就職 2.家賃の適正化 3.育児の公教育化等の解決策を立てて悩んでいます。

まだ多くのカンガルーたちが自分の足でバリバリ活躍する健康な社会へと変貌を遂げるためには、道半ばといったところでしょう。

世界のカンガルー族

민우: 나 캥거루족이야.

僕はカンガルー族だよ。

다니엘: 캥거루족이 뭐야?

カンガルー族って何だ?

민우: 취업도 안 되고, 집값이 너무 비싸서 그냥 부모님 집에 얹혀 사는 나 같은 사람.

就職もできないし、家賃も高すぎるから、親の家ですねをかじって生きる人。

다니엘: 영국에서는 ‘키퍼스’(Keepers)라고 해.

イギリスでは「キーパース(Keepers)」というんだ。

조나단: 캐나다에서는 ‘부메랑키즈’(Boomerang kids)라고 해.

カナダでは「ブーメランキッズ(Boomerang kids)」というよ。

루카스: 독일에서는 ‘네스트호커’(Nest Hawker)라고 해.

ドイツでは「ネストホーカー(Nest Hawker)」というんだ。

마크: 미국에서는 ‘트위스터’라(twister)고 해..

アメリカでは「ツイスター(Twister)」というんだよ。

関連記事

  1. 韓国の兵役

    韓国好きや韓国語を勉強している方ならご存知だと思いますが、韓国では「兵役」があります。かつては3…

  2. IT最先端の韓国

    韓国から日本に帰国するたびに役所で行う転入届け手続き。引越しすると行わなければならない転出入届け。…

  3. 韓国女性の寿命は世界3位、男性は18位

    韓国女性の寿命は日本(86.8歳)、スペイン(85.5歳)に続いて世界で3位という統計がでてから、い…

  4. 子供たちの好きなものと彼らの未来

    韓国をはじめ世界中の子供たちが好きなものといえば、キャラクターや食べ物。そして、年齢に合わせ変化…

  5. 88万ウォン世代のハネムーンプア

    最近、人々の現実の生活があまりにもドラマのようだからでしょうか?「ドラマはドラマに過ぎない」とい…

  6. 韓国のソウルにある漢江

    11年前に初めて韓国ソウルを訪れたときの事です。空港からソウルに向かう車の中から見えた光景がきれ…

  7. 韓国での買い物方法

    今回は韓国の買い物事情についてご紹介したいと思います。韓国人は「大手マート」か「伝統市場」で買い…

  8. 面接の最後で失敗しない方法

    韓国で採用面接を受けた経験のある人のうち、80%ぐらいの人が「最後に何か言いたいことがあれば話してく…

PAGE TOP