韓国語表現 “아무~(이)나”(アム~(이)ナ)の使い方と意味とは?

前回は「아무 ~도」(どんな~も)という表現を学びました。

似た表現に「아무 ~()」(どんな~でも)があります。~の部分に名詞や助詞を入れ、様々なものの中からどれを選んでも構わないことを表します。

今回はこの文法について学習しましょう。

아무 名詞+()

아무 ~()」の~の部分に名詞を入れると「どんな~でも」という意味になります。

最後の文字がパッチムで終わる名詞には「~이나」を付けますが、母音で終わる名詞には「~나」を付けます。

아무 옷이나 잘 어울려요.

どんな服でもよく似合います。

아무것이나/아무거나

~の部分に「こと」や「もの」を意味する「」を入れると「아무것이나」(何でも)になります。

それを縮約した「아무거나」(何でも)が話し言葉ではよく使われます。

지수:커피 마실래요, 차 마실래요?

コーヒー飲みますか、お茶飲みますか?

승연:아무거나 주세요.

何でもください。

아무 일이나

~の部分に「物事」や「仕事」を意味する「」を入れると「아무 일이나」(どんな仕事でも、何でも)になります。

아무 일이나 다 해요.

何でも全部します。

すぐに使える韓国語de勉強

아무 때나

~の部分に「時」を意味する「」を入れると「아무 때나」(いつでも)になります。

아무 때나 전화하지 말고 저녁에 전화하세요.

いつでも電話しないで、夜に電話してください。

上記の例文では「~지 말고 ~()세요」(~しないで~してください)という禁止命令の表現を使っています。

아무 데나

~の部分に「所」を意味する「」を入れると「아무 데나」(どこでも)になります。

아무 데나 앉지 마세요.

どこにでも座らないでください。

上記の例文では丁寧な禁止表現「~지 마세요」(~しないでください)を使いました。

아무 데서나

~の部分に「所」を意味する「」と、場所を表す助詞「~에서」(~で)の縮約形「~서」を入れると「아무 데서나」(どこででも)になります。

정훈 씨는 아무 데서나 잘 자네요.

ジョンフンさんはどこででもよく寝ますね。

すぐに使える韓国語de勉強

아무나

~の部分に何も入れなければ「아무나」(誰でも)になります。

아무나 오세요.

誰でも来てください。

아무한테나

~の部分に行動の対象を表す助詞「~한테」(~に)を入れると「아무한테나」(誰にでも)になります。

同じ意味で、書き言葉でよく使う助詞「~에게」(~に)を~の部分に入れた「아무에게나」(誰にでも)もあります。

아무한테나 반말을 하면 안 돼요.

誰にでも友達言葉で話してはいけません。

ここでは禁止の表現「()면 안 되다」(~してはいけない)を使いました。

아무하고나

~の部分に動作を共にする相手を表す助詞「~하고」(~と)を入れると「아무하고나」(誰とでも)になります。

아무하고나 쉽게 잘 사귈 수 있어요.

誰とでも簡単にうまく付き合うことができます。

まとめ

今回の記事では韓国語の表現「아무 ~()」(どんな~でも)をご紹介いたしましたが、きちんと理解できましたか?

前回学習した「아무 ~도」(どんな~も)と混同しないように注意しながら覚えてくださいね。 

話せる韓国語をカフェで習得 | 何度でも聞ける上達する1対1レッスンはコスパ最強【先生を選んで、無料体験する】

先生を選んで、無料体験する!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

すぐに使える韓国語de勉強

天気に関する韓国語表現

社会人はもちろん、だれでも毎日の天気は気になるものですね。主婦の方も洗濯や通学する子どものためにニュースやアプリで毎朝、天気予報を確認するでしょう。韓国語で天候…