変わりつつある韓国の教育

日本でも2020年の大学入試改革に向け、様々な論議を見かける今日この頃ですが、韓国でも2015年に教育改定があり、2017年から順次適用されていくとのことです。

教育改定の予定

2017年は、小学校1・2年、2018年は小学校3・4年と中学校1年、高校1年、2019年には小学校5・6年、中学校2年、高校2年、

2020年には中学校3年、高校3年の教育改定が行われるそうです。これらを見ると、アジアでも教育改革がおこなわれていることがわかりますね。

교육과정 적용 시기를 확인하고 면밀하게 체크합시다.

英語は絶対評価になり数学が重要

またとある記事によれば、韓国では2017年は数学の影響力がさらに増す見込みだそうです。

【英語は絶対評価に変更】

韓国の教育部が各家庭の塾費用などの負担を軽減させるため、2018年度から韓国の大学入試試験の英語の領域を絶対評価にすると明らかにしたとのこと。

絶対評価とは、生徒の成績を評価するにあたり、ほかの生徒の成績を考慮せず、生徒本人の成績そのもので評価しようとするものです。

これらを導入するため、今後は、英語の成績表には平均点や百分率などは記載されず、点数のみが記載されるとのこと。

そして、点数が90点以上なら1等級・80点から89点の間なら2等級をもらえることになるとのことです。

つまり英語においては最上位圏内の弁別力(テスト項目が受検者間の特性の違いをどの程度正確に正確にとらえることができるかを表す指数)が低くなるそうです。

【数学の難易度はアップ】

しかしその一方で、数学は高難易度の問題が出題されるのではないかと予想されているとのこと。

なぜなら文系理系と別れる高校では、2018年から文系理系と区別なく数学Ⅰ・Ⅱと微積分・確率と統計が含まれた共通数学を習うことになるとのことで、

文系理系の学生が同じ試験を受けることになるため数学を苦手とする学生たちは、しっかりとこれらの対策をしなければならないといいます。

また理系の学生たちは、別の数学を選択教科として履修するため早めの目標設定が必要になるそうです。

暗記型ではなく思考力や叙述式に変更

日本でも言われていますが、今までは記述式はほぼなかったのですが、韓国でも今後は今よりももっと多くの思考力を要する問題や叙述の問題などが出題される可能性が高くなるとのことでした。

つまり一つの計算方法に依存して問題を解く方法から抜け出さなければならず、自ら問題を解析して多様な方法で数学的思考力を育てなければならないということです。

そして、これらの思考力は短時間でできないため、小さいころから融合思考力の教育を経験し考えるという訓練をすることが重要だとのことでした。

ということはグローバル化の進む現代では、今のままのアジア周辺の教育ではグローバル化にはついていけない、ということから変わっていくようです。

国境はあるものの、未来ある子供たちのために、アジアなどの教育の転換期かもしれませんね。

어려서부터 꾸준히 융합사고력 교육을 경험하고 생각하는 훈련을 하는 것이 중요하다는 것입니다.

関連記事

  1. 韓国の名言

    裕福な家の子供が成功する確率は7%、貧しい家の子供が成功する確率は70%という言葉があるように、時代…

  2. 最近の韓国の飲み会は木曜日!

    韓国語の勉強をしている皆さんならご存じの「회식(会食)=飲み会」。最近の韓国では、週末ではなく、平日…

  3. 面接の最後で失敗しない方法

    韓国で採用面接を受けた経験のある人のうち、80%ぐらいの人が「最後に何か言いたいことがあれば話してく…

  4. 名誉退職とは

    韓国の知り合いと話していたときに「名誉退職」という言葉をききました。何のことかと思いきや、日本でいう…

  5. 韓国の兵役

    韓国好きや韓国語を勉強している方ならご存知だと思いますが、韓国では「兵役」があります。かつては3…

  6. 韓国テレビで自主勉強

    語学というのは勉強してもゴールが見えてきません。聞き取り練習のためにラジオやニュースを聞いてみて…

  7. 88万ウォン世代のハネムーンプア

    最近、人々の現実の生活があまりにもドラマのようだからでしょうか?「ドラマはドラマに過ぎない」とい…

  8. グローバル化

    近年、グローバル化となり、海外企業と日本企業が手を組み、コラボなど多くなってきました。そこで今日…

PAGE TOP