独学で、韓国語を学ぶ人へ、役立つ韓国語を提供するニュースサイト

韓国 おすすめエリア 東大門

レッスンの内容

韓国 おすすめエリア 東大門

日本でいう大阪のような場所、「東大門」ファッションビルが建ち並び、バイヤーにも観光客にも人気のある街です。

そんな東大門のおすすめのカフェやお店を紹介しています。

 

shutterstock_171914708

【東大門のおすすめカフェ】

『caffe bene』 

飲食店の激戦区である明洞に比べると飲食店はそれほど多くありませんが、東大門にもおすすめ・人気の飲食店はあります。

その中から、東大門に行ったらぜひ足を運んでほしいおすすめのカフェを紹介したいと思います。

まず最初に紹介するカフェは、「caffe bene」

ドラマのロケ地としても話題になったこちらのカフェは、特にワッフルが美味しいと評判。

韓国ではワッフルはスタンダードなおやつの1つですが、ここのワッフルは好きなフレーバーにトッピングすることができます。

一番の人気は、キャラメルバナナ。
熱々のワッフルに果物やソースをかけて、美味しくいただきましょう。

【場所】
地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅、1番出口から歩いて6分。

【人気メニュー】
・トッピングワッフル 4800~6000ウォン
・ジェラート(シングルサイズ) 3000ウォン
・エスプレッソ系ドリンク(レギュラーサイズ) 4000~6300ウォン

『新羅銘菓』

続いて紹介する東大門のおすすめカフェは、なんと、カフェでは珍しい24時間営業のところ。

24時間営業しているので、いつでも好きな時間帯に入店することができます。

日本では、24時間営業しているカフェはないのではないでしょうか? 

そんなカフェ「新羅銘菓」は、ゆっくりくつろげる2階と、ワイワイ話せる1階があります。

2階にある窓は大きいので、カフェでお茶を楽しみながら東大門の景色を眺めることができます。

決して広い店内ではありませんが、なんだかくつろげる不思議な空間です。 

【場所】
場所は、地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅から歩いて5分のところ。
ミリオレに向かう途中にあるので、すぐに目につくと思います。
新羅カフェの文字も赤く大きいので、分かりやすいかも。

【人気メニュー】
・かぼちゃケーキ 4000ウォン
・抹茶ケーキ 4000ウォン
・ホールケーキ 14000ウォン~

『kraze burgers』

続いて紹介する東大門おすすめのカフェは、ハンバーガーが美味しいカフェ、「kraze burgers」

ハンバーガーといっても、こってり高カロリーなものではなく、健康志向のハンバーガー。

なんだかイメージしにくいですが、新鮮な野菜を使っているので、ヘルシーで、しかも一般のハンバーガーよりも大きいので、食べ応えも満点です。 

店内はとってもオシャレで、まさにハンバーガーショップといった感じ。

人気のファッションビル「doota」の地下1階にあるので、買い物がてらに楽しむことができます。

オープンキッチンも見所です。

【場所】
場所は、地下鉄1、4号線東大門駅3番出口より歩いて1分のところと、2、4、5号線東大門歴史文化公園駅14番出口から歩いて5分のところにあります。

【人気メニュー】
・The Matiz 8600ウォン
・K.B++ 8600ウォン
・The Club 8500ウォン

『Little Mini Orchard』

最後に紹介する東大門おすすめのカフェは、子供も楽しめるカフェ、「Little Mini Orchard」

所謂子連れのパパママにおすすめのカフェで、店内には子供が遊べるスペースがたくさんあります。

近年韓国ではキッズカフェが増えており、ここ「Little Mini Orchard」もその1つ。 

場所も人気ファッションビル「doota」にあるので、買い物がてらカフェに…と、子供を連れて入れるのが良いですね。

パパママの強い味方です!

ちなみに「人気メニュー」のトンカツは、日本でもお馴染みですね。

ボリューム満点で子供にもおすすめです。

【場所】
場所は、地下鉄1、4号線東大門駅3番出口から歩いて1分のところ。
そして、2、4、5号線東大門歴史文化公園駅14番出口からだと歩いて8分かかります。

【人気メニュー】
・カルボナーラ 9000ウォン
・トンカツ 8000ウォン

【○○専門店】

『クギル粉食』

続いては、東大門にある○○専門店のご紹介。

韓国にはいろんな専門店があるので、“好きな料理”の専門店を見つけて行ってみるのも楽しいですね。

まずは、チンパンが食べられる「クルギ粉食」を紹介したいと思います。

このチンパンとは、日本語で「あんぱん」を意味します。

日本でもあんまんはお馴染みなので、知っていますね。

韓国のあんまん、チンパンは、少し固めな生地が特徴です。

サイズも大きく、1つで満足してしまうくらいボリューム満点。

また、あんまん以外にも、野菜を入れたマンドゥも人気があり、韓国に行ったらぜひ食べてみてほしい料理です。

【場所】
場所は、地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅1番出口より、歩いて13分のところ。
地下鉄1、4号線からでも行けますよ。
この場合、東大門駅6番出口から歩いて7分になります。

【人気メニュー】
・チンパン 1個1000ウォン
・マンドゥ 8個3000ウォン

『ヌティナムチッ』

続いて紹介する○○専門店は、ソルロンタン専門のお店、「ヌティナムチッ」

ソルロンタンとは、所謂牛骨スープのことで、韓国では定番となっている料理です。

ここ以外にも、数多くの専門店がいろんなエリアに建ち並んでいます。 

東大門にあるソルロンタンせんもんてんは、「ヌティナムチッ」が絶品と人気。

また、店内も天井がガラス張りになっているので、食事をしながら空を眺められるのも、「ヌティナムチッ」ならでは。

温もりのある木を基調としているのも◎。 

ちなみにソルロンタンの正しい食べ方は、適量の塩を振っていただきます。

つけ合わせのカクテキを入れると、また違った味を楽しむことができますよ。

ご飯と混ぜたり、つけ合わせの味噌をプラスしてもGOOD。

【場所】
地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅1番出口より歩いて10分、3番出口より歩いて8分のところにあります。

【人気メニュー】
・ソルロンタン 7000ウォン
・牛スジ鍋 30000ウォン

『マ・ボンリム ハルモニチッ』 

最後に紹介する○○専門店は、美味しいトッポギが食べられるお店「マ・ボンリム ハルモニチッ」

歴史の古いお店で、本格的なトッポギを食べられるということで、地元の人はもちろんのこと、日本人観光客からも大変人気があります。 

店名は、「マ・ボンリムお婆さんの店」という意味。

創業主のマ・ボンリムさんは現在の店主の義母にあたる人。

とにかく古くから愛されて入るお店なのです。 

東大門にはトッポギ専門店が多く建ち並んでいますが、ここはその中でも上位3つに入るほど、人気のあるお店です。

店内は食堂といった感じでそれほど広くありませんが、ゆったり食事するには十分な広さです。

【場所】
場所は、地下鉄2、6号線新堂駅8番出口より歩いて5分のところ。
姉妹店(末息子の店)も、地下鉄2、6号線新堂駅8番出口から歩いて5分のところにあります。

【人気メニュー】
・トッポキ 11000ウォン

shutterstock_211036159(1)

【おすすめの焼き肉屋】

『タチェ』

続いては、おすすめの焼き肉屋を紹介します。

韓国に行ったらやっぱり外せないのが“焼き肉”

たくさんの焼き肉店がある中で、おすすめのお店をいくつか紹介したいと思います。 

まずは、深夜まで営業している「タチェ」という焼き肉屋。

いつでも好きな時に焼き肉を食べられるので、観光客や仕事帰りの女性に人気があります。

自然派志向の食事ができるので、男性よりも女性に人気のあるお店のようですね。 

店内は、落ち着いていて広々としたスペースです。

ホール、個室、団体席もあるので、少人数でも団体でも利用可能です。

【場所】
場所は、地下鉄1、4号線東大門駅7番出口、歩いて7分のところ。
地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅からも行けます。
東大門歴史文化公園駅から行く場合は、1番出口から歩いて15分になります。

【人気メニュー】
・牛肉の炒め煮 包み野菜定食 12000ウォン
・豚三枚肉 12000ウォン

『ブトゥマッ』

続いて紹介する東大門おすすめの焼き肉屋は、「ブトゥマッ」

東大門のど真ん中にあるお店で、ショッピング帰りにフラッと寄ることができます。

いろんなお店が建ち並んでいる中にありますから、ショッピングついでにもってこいですよ。 

韓国人も認めるという美味しい肉が食べられるここの焼き肉屋は、店内はそれほど広くありませんが、ゆっくり食べるには十分なスペースです。

また照明が明るいので、活気溢れているように感じるのもGOOD。

観光客も多いので、日本人でも安心して入店できます。

日本語も、注文程度なら可能なようです。

【場所】
場所は、地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅14番出口から歩いて3分のところ。
比較的分かりやすい場所にあると思います。
もちろん24時間営業です。

【人気メニュー】
・石板 キムチと豚三枚肉 9000ウォン
・味付けカルビ 18000ウォン
・霜降りロース 44000ウォン

『往十里コプチャン』 

最後に紹介するおすすめの焼き肉屋は、豚ホルモンが美味しい「往十里コプチャン」

日本では滅多に食べる機会がない豚ホルモンを、ここではたらふく食べることができます。

一見臭そうなイメージがあり豚ホルモンですが、意外にも臭みはなく、牛ホルモンよりもあっさりしているのが特徴です。 

店は、まず外観はピンクの看板なので目立つと思います。

特に夜になると、分かりやすいのではないでしょうか。

店内はオンドル式。韓国ならではです。

春から秋には歩道にもテーブルが並んで大変賑わいます。

【場所】
場所は、地下鉄2、6号線新堂駅2番出口より、歩いて8分のところ。
日本語は不可ですが、日本人の観光客も多いとのことで安心して入店することができます。

【人気メニュー】
・ヤンニョムコプチャン 9000ウォン
・ポックムパッ 2000ウォン
・焼酎 3000ウォン
・瓶ビール 3000ウォン

shutterstock_192776735

【東大門で買い物をするならここ!】

『Dooche』

おすすめのお店でたっぷり食事をしたら、ショッピングも楽しみましょう! 

というわけで、東大門で買い物をするならここ!

という、人気・おすすめのショップを紹介したいと思います。

まずは、若手ブランドが集まっている「Dooche」

韓国を代表するファッションビル「Doota」の地下1階に位置するこのフロアは、個性的なファッションがたくさん揃っています。

値段もお手頃なので、若者でも購入しやすいのも魅力の1つ。 

その中から、おすすめのピックアップブランドを紹介しましょう。

●LOW CLASSIC
ナチュラルでカジュアルなラインを中心に揃えたブランドで、シンプルな中にも遊び心を取り入れたいという方におすすめです。

●YIYOT
ガーリーをコンセプトにしたブランドです。
原色がドット系が多く、明るいファッションが好きな方におすすめです。

●Rocket X lunch
旬のアイテムが揃っているブランドです。
コンテンポラリーカジュアルがポイント。

『MOGOO』 

続いて紹介する東大門おすすめのショップは、先ほど紹介した「Dooche」同様、「Doota」にある「MOGOO」というお店。

帽子専門のお店で、いろんなデザインの帽子を販売しています。

帽子好きは要チェックのショップです。 

店内もとってもオシャレで、店の雰囲気やデザインも個性炸裂。

ファッション誌にも度々登場しているというだけあり、ユニークでオシャレな帽子がたくさん揃っています。 

場所は、地下鉄1、4号線東大門駅3番出口より歩いて1分のところ。

東大門歴史文化公園駅から行く場合、14番出口から歩いて5分のところにあります。

日本語は不可ですが、日本の帽子ブランドのライセンス販売も行っているそう。

人気の帽子は、
●麦わら中折れハット 74000ウォン
●麦わらリボンハット 109000ウォン
●麦わらフォークロアハット 各68000ウォン

夏は、麦わら系の帽子がとても人気。

爽やかで風通しも良いので、夏場でも安心して被ることができます。 

『ネイルモール』 

続いて紹介するおすすめのショップは、「ネイルモール」というお店。

その名の通り、ネイル用品専門のお店で、プロのネイリストの方も愛用していると言われているほど、人気のあるショップです。

日本の観光客も多く、いろんなネイル素材が揃うので、ネイル好きには要チェックなお店です。 

場所は、ご存知ミリオン東大門の6階。

地下鉄東大門歴史文化公園駅から14番出口を出て、歩いて5分のところになります。

東大門駅8番出口からでも、歩いて5分で辿り着きます。

日本語も可能なので、日本人の観光客が多いのも頷けますね。 

価格の目安は、ネイルカラーは5000~18500ウォン。

ジェルネイルは20000~125000ウォン。

ネイルアートの用品は、500~7000ウォンとなっています。 

店内はとても広々としており見やすいので、どこに何があるのか分かりやすいのも嬉しいですね。

『東大門総合市場』 

続いて紹介するおすすめのショップは、「東大門総合市場」

手作り大好きな方の為の市場で、手芸素材やアクセサリーの卸・小売が可能です。

市場と言っても地下から7階まである大きなビルです。

A棟~C棟、ショッピングタウンもあり、韓国では有名な場所ですね。

おおまかにフロアを説明すると、
●A棟地下:糸、毛糸、衣料副材料
●A棟1階:寝具、手芸、器、カーテン、生活用品 他
●A棟2階:韓服、韓服用生地 他
●A棟3階:生地
●A棟4階:生地
●A棟5階:アクセサリー 他
●A棟6階:事務室
●A棟7階:管理事務室、病院、薬局、歯科

●B棟地下:糸、毛糸、衣料副材料
●B棟1階:寝具、手芸、器、カーテン、生活用品 他
●B棟2階:韓服、韓服用生地 他
●B棟3階:生地
●B棟4階:生地
●B棟5階:アクセサリー 他

●C棟地下:カーテン、手芸、寝具
●C棟1階:銀行、衣料副材料、洋服 他
●C棟2階:オーダーメイド生地
●C棟3階:生地
●C棟4階:生地
●C棟5階:事務室

『平和市場』 

最後に紹介するおすすめのショップは、こちらは本格的な市場になります「平和市場」です。

建物は2つの棟で、それぞれ階ごとに商品が分けられているのが特徴です。

なかでも多いのが、古本屋。

表に面した1階には隣接して古本屋が並んでいます。

韓国の雑誌や本を読んでみたい方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。 

店内はそれほど広くありませんが、欲しい商品が揃うということで、若者も多いですね。

1階は紳士や婦人服があり、ファッション雑貨なども売っています。

アクセサリーや子供服なども集まっています。

2階にも紳士服や婦人服がありますが、韓服などさらにいろんなジャンルの服を置いているのが2階です。 

工場、卸売などをメインとした市場なので、全体的に安い値段で購入することができます。

安く衣料品をゲットしたいという方にはおすすめの市場でしょう。

shutterstock_68545498(1)

【韓国コスメ】

『東大門にあるコスメブランド①』

韓国のコスメブランドが建ち並ぶ場所と言えば明洞ですが、東大門にも韓国のコスメを購入できる、所謂店舗はあります。

ここでは、東大門で購入できるコスメブランドのショップを紹介したいと思います。 

まずは、日本でも大人気の「THE FACE SHOP」

なんと、“眠らない東大門”というだけあり、24時間営業となっています。

コスメショップで24時間営業なんて、日本では考えられないですよね。

いつでも好きな時間にコスメを購入できるので、コスメ好きの方、観光に没頭してコスメを買い忘れたー!という方は、ぜひ東大門のTHE FACE SHOPへ足を運びましょう。

そんなTHE FACE SHOPで人気の高い商品をいくつか紹介したいと思います
●シールリジューブネイティング エスカルゴスキンケアセット
●フレボーテ コラジェニックXP
●フレボーテ 3Dモイスチャー
●名韓美人図 泪
●名韓美人図 津

『東大門にあるコスメブランド②』

続いて紹介する東大門にあるコスメブランドショップは、「SKIN79」

日本でもジワジワ人気のあるこちらのブランドは、韓国を代表とする薬用スキンケア化粧品を取り扱ったブランドです。

なんと、BBクリームのブームに火を点けたブランドの1つでもあり、今でもSKIN79のBBクリームは大変人気があります。 

場所は、地下鉄1、4号線東大門駅3番出口より歩いて1分のところ。

そして、東大門歴史文化公園駅14番出口からですと歩いて5分になります。

日本語は不可なので、ある程度韓国語ができたほうが助かるでしょう。

人気の商品は、やはりBBクリーム。
●スーパープラスBBクリーム 27000ウォン(ゴールド、ホットピンクラベル)
●デルマRX BBクリーム 20000ウォン
●シャイニーパールウォータードロップ BBクリーム 16000ウォン

スキンケアでは、
●ダイヤモンドコレクション
●メンズクラシック
●Sue(スー)

などが人気があります。

【東大門の人気ファッションビル】

『「ハローapM」へ行こう!』

東大門で人気のファッションビルに行ってみよう!

ということで、ここでは人気のファッションビル「ハローapM」を紹介したいと思います。

【場所】
地下鉄2、4、5号線東大門歴史文化公園駅14番出口より歩いて3分のところにあります。
日本語は、店舗によってOKなところがありますが、1階の総合受付は日本語対応しています。

【フロア】
地下1階から10階まであります。
地下1階は輸入マルチやヴィンテージ、スポーツなど。
1階と2階は婦人服。
3階はレディースカジュアル。
4階は紳士服。
5階はメンズカジュアル。
6階はファッション雑貨や子供服、マタニティウェアなどを販売しています。
7階はファッション雑貨。
8階はフィットネスセンター。
9階はフードコート。
10階はエステや美容室など。

フードコートでは、コーヒーショップや韓国食、フルーツジュースの他に、日本食も食べられます。

【韓国エステ】

『東大門でエステを堪能』

続いては、東大門でエステを堪能したい方におすすめの情報です。

美肌大国である韓国なだけに、各エリアにエステなどがありますが、東大門にももちろんあります。 

おすすめの場所は、「JJマッド汗蒸幕」

韓国では定番となっているこの汗蒸幕は、良質な泥を使って行うエステです。

一番の人気コースは、基本のコースで、料金は80000ウォン。

1.メイクを落とし、着替えます。
2.簡単にシャワーを浴び、麻袋を頭からかぶり、汗蒸幕に入り5~10分我慢します。
3.マッドペインティングといった「泥パック」をし、5分後洗い流せば全身ツルツルになります。
4.炭サウナ、玉サウナと2種のサウナを体験。
5.紅参風呂とゲルマニウム風呂の2種のお風呂に浸かります。
6.垢すりやオイルマッサージ、きゅうりパックをします。

これだけたっぷりのエステを体験でき、基本コースになります。

オプションとして、ヨモギ蒸しやうぶ毛取り、カッピングなどもできますよ。

【おすすめの宿】

『東大門で宿泊するなら…』

最後に、東大門のおすすめ宿泊先を紹介したいと思います。

東大門で宿泊するなら、ここがおすすめ。

■ラマダソウル東大門
2011年3月にオープンしたばかりの新しいホテルです。
東大門歴史文化公園駅7番出口から歩いて4分のところにあります。
客室の種類も多く、シングルからデラックスダブルといろんなタイプの部屋が。
室内設備も充実しており、アメニティも◎。

■迎賓ホテル
旅行者に嬉しいおすすめのホテルです。
東大門歴史文化公園駅5番出口より、歩いて5分のところにあります。
ダブルからの利用ですが、部屋のタイプも多く、ゆったりできるのが良いところ。
室内設備はそれほど揃っていませんが、地下には汗蒸幕があります。

■ニュー天地ホテル
東大門の歴史あるホテルで、価格もお手頃で、便利な立地が人気の秘密です。
部屋のタイプはそれほど多くありませんが、広々としています。
室内設備は最低限のものは揃っています。

関連記事