融通性とスピードを重視する韓国ビジネス

日本のビジネスは 「規則と原則」を重視し、韓国のビジネスは 「融通性とスピード」を重視するという話を以前のコラムで書きました。

今回はこれまで行ってきた韓国語企業研修を通して感じた、韓国と日本の企業文化の違いについて簡単にお話ししたいと思います。

スピード重視の韓国ビジネス

韓国語企業研修を行いながら、韓国企業に勤めている日本人社員の方を対象にアンケート調査をしたことがあります。

「韓国企業で働きながら何が一番大変ですか?」という質問に対する回答のうち、最も多かった答えが『これはイケる。とりあえず行くぞ!』という「軍隊式のビジネスです」でした。

(特に海兵隊出身の韓国人社長は、2倍のスピードで突進!!)

韓国と日本の違い

日本のビジネスのやり方が「考えてから動くスタイル」だとしたら、韓国のビジネスはとりあえずイケそうだと思ったら、「動きながら考えよう」というやり方です。

チャンスを失うことを一番の失敗だと考える韓国のビジネスのやり方は、不可能を可能にする融通性とスピードがありますが、日本のビジネスマンを戸惑わせることもしばしばあります。

そのうちの一つが、必ずしも契約書や原則、規則通りにしない場合も多いということです。

もう一つは、書面や記録を残して報告することを重視する日本のビジネスのやり方と違って、口頭で伝えて忘れてしまう場合も多い点です。

体面を重視

日本人の友人がこのような問題で韓国人上司と激しくぶつかったことがありました。

韓国とのビジネスで成功を収めるためには、理解できなくても、賞賛の言葉と指摘とを適切に使いこなすことが必要です。

なぜなら、韓国人は儒教思想の影響で、体面(プライド)を非常に重視するからです。ですから、呼び方にも注意が必要です。

김 과장(金課長)」、「이 부장(李部長)」ではなく、必ず「김 민수 과장님(金ミンス課長様)」、「이 민우 부장님(李ミヌ部長様)」という呼び方をしなければいけません。

ドラマで韓国ビジネス学習

韓国人の特徴やビジネスを理解するのにドラマ以上のものはないと思いますが、中でも2014年最高のドラマのうちのひとつにあげられる「미생(未生)」が特におススメです。

未生というのは囲碁用語なのですが、社会という巨大な碁盤の中で真摯に石を打っていく旅程を描いたという点で、国境を越えた共感のストーリーだと言えるでしょう。

韓国特有のビジネスマンたちの喜怒哀楽を理解するのに最適な資料になると思います。

ビジネス韓国語

会議・討論

(미팅)을/를 하겠습니다.

ミーティングをします。

오늘 주제는 (     )입니다.

今日のテーマは(  )です。

잠깐만요. 질문 있습니다.

すみませんが、質問があります。

의견을 말씀해 주세요.

意見を出して下さい。

어떻게 생각하십니까?

どう思いますか?

프로젝터를 봐 주십시오.

プロジェクターを見てください。

잠깐 쉬었다 합시다.

ちょっと休んでからにしましょう。

 *参考書籍:ビジネス指さし会話帳 – 情報センター出版局

関連記事

  1. 韓国ビジネス成功の近道!韓国文化理解

    国が違えば習慣も考え方も違います。お互いを理解するためには、まず文化を理解することが大切ですよね。文…

  2. 韓国のビジネススタイルはイガ栗と同じ?

    日本のビジネスが規則や原則を重視するとしたら、韓国のビジネスは融通性とスピードを重視します。それ…

  3. 悲しみ·寂しさ·孤独もお金になる

     悲しみ·寂しさ·孤独もお金になる勇敢に見える韓国人も簡単にはできないことがあります。それはひとりで…

  4. ビジネスのお酒の席でのマナー

    韓国人とのビジネスを成功させる為に必要不可欠なのがお酒の席です。仕事の内容が重要ですが、個人的な…

  5. 実際に使用される韓国語ビジネス表現

    ビジネス韓国語会話は、ビジネスで韓国語を使う方ならば必ず身につけておくべきことのうちの一つです。…

  6. ビジネス韓国語②

    外国でビジネスするためには、言葉の問題以外にも乗り越えないといけないことが多々あります。韓国では…

  7. ビジネス韓国語①

    ビジネスで韓国語を使う場合の注意点とは、いったいどんなものなのでしょうか?注意点を見てみましょう…

  8. 会社での呼び方

    韓国語の企業研修で日本の会社を初めて訪問した時、びっくりしたのは、役職に伴う呼び方が韓国と全く違うと…

PAGE TOP