韓国語の表現

韓国語の否定表現”~しない”は”안 ~”と”~지않다”

「~しない」といった否定表現は、韓国語では「~」と「~지않다」があるということはよく知られていますが、使い分け方法があるのは知っていますか?

韓国語を勉強する上では基本ではありますが、ここで一度整理してみましょう!

“안 ~”の使い方の基本

使い方は簡単ですね。動詞や形容詞の前にこれを付けるだけで、否定形になります。

アン モゴヨ

안 먹어요.

食べません。

 

アン イェッポヨ

안 예뻐요.

可愛くありません。

“안~”と一緒に使えない表現

ですが、ここで注意が必要です。「~」とは一緒に使えない表現があります。

動詞的表現

「(名詞)하다」という動詞的表現

オジェ アン コンブヘッソヨ

×어제 안 공부 했어요. 

 

ネイル アン イサハルコエヨ

×내일 안 이사 할 거예요.

漢字語に「하다(する)」が付いている動詞には、前に「 ~」を付けることができません。ですので、この場合は、以下のように表現します。

オジェ コンブルル アネッソヨ

○어제 공부를 안했어요. 

昨日勉強をしませんでした。

 

ネイル イサルル アナルコエヨ

○내일 이사를 안 할 거예요.

明日引越しをしません。

漢字語の後ろに助詞「/(を)」を付けて、その後ろに「안하다」とすればいいですね。

また「(名詞)하다」が形容詞になる場合は、この限りではありません。

イムンジェヌン アンジュンヨハダ

○이 문제는 안 중요하다. 

この問題は重要ではない。

 

トヌン アンピリョハダ

○돈은 안 필요하다.

お金は必要ない。

一部の複合語

キョンチガ アン アルムダウォヨ

×경치가 안 아름다워요.

 

イクドゥヌン アン セロウォヨ

×이 구두는 안 새로워요. 

上記の単語は、それぞれ「-답다」「-」という言葉の複合語になりますが、これらの表現には「 ~」を付けることができません。

ですので、以下のように必ず「~지않다」と組み合わせて表現します。

キョンチガ アルムダプチ アナヨ

○경치가 아름답지 않아요.

景色が美しくありません。

 

イクドゥヌン セロプチ アナヨ

○이 구두는 새롭지 않아요. 

この靴は新しくありません。

ですが初級の方は特に「아름답다」「새롭다」が複合語かがどうかなんて判断することはできませんよね。

ですので、初学者のための一般的な教科書や教室では、短い単語に「 ~」を付け、長めの時は「~지않다」をつけると教える傾向があるようです。

強い否定の意志を表すという意味も

~」は単純な否定の意味もありますが、話者の否定の意志を強く表す時にも使うことができます。

ネイル ビョンウォネ アンガヨ

내일 병원에 안가요. 

 

ネイル ビョンウォネ カジアナヨ

내일 병원에 가지 않아요. 

どちらも、「明日病院に行きません。」という意味ですが、「안가요.」と言った方が、行かないという意志が強く表れた表現になります。

より口語的な表現

「~지않다」よりも口語的な表現になります。なので会話でよく出てくるということができます。

「~지않다」の使い方

動詞・形容詞の語幹に「~지않다」を付けます。

モクチ アナヨ

먹지 않아요. 

食べません。

 

イェップジ アナヨ

예쁘지 않아요. 

可愛くありません。

~」とは違って、一緒に用いる表現に制限はないので、原則的にはどのような表現に付けても間違いではありません。

【より文語的・固い表現になる】

ですが「 ~」が口語的な表現であるのに対して、「~지않다」はより固い表現になります。新聞や論文、公式的な演説などでは、「~지않다」が好んで用いられます。

【ポイント】

ここまでをまとめると、会話では「 ~」を用いるのがより自然で、新聞などの文語体では「~지않다」を用いるのが正しいというのが一つの使い分けですね。

ですが会話で注意したいのが「 ~」を付けられない表現があるということ。長めの表現の時は、会話でも「~지않다」を使うといいでしょう。

否定の範囲

最後に、否定する範囲にも微妙な差があるということを述べておきましょう。

モイメ タ アンガッタ

모임에 다 안갔다.

 

モイメ タ カジアナッタ

모임에 다 가지 않았다.

この2つの文章は、どちらも「集まりにみんな行かなかった。」という意味合いになりますが、解釈の仕方に少し違いがあります。

다 안갔다」というと、そのまま「全員行かなかった」という意味でのみ解釈することが可能なのに対し、「다 가지 않았다」というと、2通りの解釈ができます。

1つは「다 안갔다」と同じく「全員行かなかった」という意味、もう1つは、「全員は行かなかった(一部は行った)」という意味でも取れてしまいます。

言いたいことに合わせて、上手く使い分ける必要がありますね。

最後に

いかがでしょうか?日本語にしてしまうと同じ「~しない」という表現ですが、意味合いや使える表現、範囲にかなり差があることが分かりましたね。

日本語と似ているようで違う韓国語、知れば知るほど、奥深いです!

おすすめ韓国語レッスン

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP