韓国グルメ・食文化

韓国の「お茶」は種類が豊富

日本でお茶と言えばお茶っ葉から作り、ヤカンで煮出したりして飲むものが一般的ですよね。

しかし韓国には日本では「お茶」とは呼べないようなものまで「お茶」というカテゴリーで楽しまれています。今回は種類豊富な「韓国茶」についてご紹介します。

韓国のお茶文化

現代韓国には気軽にコーヒーが飲めるカフェが溢れています。100m圏内に数件のカフェを見つけることができることも珍しくないでしょう。そ

んな韓国では昔から様々な種類のお茶が飲まれてきました。今では「伝統茶」と呼ばれ、古民家風の喫茶店でそれらの伝統茶を楽しむことができます。

また、スーパーやデパートなどでも伝統茶をお土産として購入できるので、旅行の際にはぜひ探してみてください。

今回は中でも有名な伝統茶を5つご紹介いたします!

韓国の伝統茶

柚子茶(ユジャチャ)

柚子茶は「柚子ジャム」をお湯に溶かして飲む飲み物です。日本人なら「ホット柚子ジュース」とでも呼びたくなりますが、韓国では伝統的な「お茶」として楽しまれています。

温かくて甘く、爽やかな柚子の香りはリラックス効果抜群です。夏は冷たくして飲んでも美味しくいただけます。

ナツメ茶(デチュチャ)

ナツメ茶も同じくナツメで作ったジャムのようなものをお湯で溶いて飲むタイプと、お茶のように乾燥させたものを煮だして飲むタイプがあります。

甘い方のタイプは女性や子供にも人気で、デトックス効果や美容効果が期待できます。日本ではあまり見かけない「ナツメ」ですが、韓国では料理にもよく入っている一般的な果実です。

ユルム茶(ハトムギ茶+α)

ユルムとは韓国語でハトムギのことを意味します。ベースはハトムギを挽いて粉にしたもので、そこにクルミやアーモンド、カボチャの種や松の実、大豆やピーナッツなどを挽いたものを混ぜて作ります。

こちらもお湯に溶いて飲みます。ナッツ類の食感が少し残っていて、全体的には甘めで香ばしく、ほっとするお味です。

冬に地下鉄内で紙コップ自販機でユルム茶を購入し、ふうふうしながら飲んでいる人をよく目にします。

五味子茶(オミジャチャ)

オミジャチャは五味子の実に、温かなお湯(熱すぎないお湯)と甘味料を注いで二日ほど冷蔵庫で寝かして作ります。

本格的な五味子茶はこのようにして実から作るのですが、スーパーなどではティーパックやポーションタイプのもので手軽に楽しめる商品が売られています。

苦み、甘み、酸味、塩味、辛みの5つの味を感じることができるという五味子の実は、飲む人の体調によって感じる味が変わるそうです。

基本的には甘酸っぱい味のする、美しい澄んだ赤色の液になります。

ホットもアイスもスッキリとしてとても美味しく、美容効果や疲労回復効果が期待できるので特に女性に大人気の伝統茶です。

菊花茶(クックァチャ)

菊花茶は本来中国茶ですが、韓国でも古くから飲まれてきました。ポットに入った菊のつぼみにお湯を注いでしばらくすると、黄色い菊の花が可愛らしい花弁を開いてくれます。

上品なハーブティーのようなお味と香りで、目からも舌からも鼻からも優雅な時間を楽しめます。ぜひ韓国伝統の古民家で、ゆっくりと花開く瞬間を見届けてください。

韓国茶に関する会話練習

수지: 리사야! 나 오미자차를 만들었거든! 너가 좀 맛 봐줄 수 있어?

リサ!私五味子茶を作ってみたのよ!あなたがちょっと味見してくれない?

리사: 와, 나 오미자차 처음 마셔봐! 어디보자……우왓 쓰다!

わぁ、私五味子茶初めて飲むよ!どれどれ……うわっ、苦い!

수지:쓰다고? 그건 빈혈이 있다는 건데? 오늘 같이 순대국 먹으러 갈래? 순대는 빈혈에 좋거든.

苦いって?それは貧血ぎみってことよ?今日一緒にスンデグク食べに行く?スンデは貧血に効くのよ。

리사:그래. 어째선지 요즘 어지럼증이 있었어. 다이어트 좀 중지해야 하나?

そうね。どうりで最近クラクラしたわけだ。ダイエットちょっと中止しなきゃかな?

いかがでしたか?次の韓国旅行では現代カフェだけでなく、伝統的な家屋で韓国伝統茶を楽しみたくなりましたか?ぜひ日本にはないいろんな種類のお茶を試してみてください。

おすすめ韓国語レッスン

最近の韓国語レッスン

PAGE TOP