独学で、韓国語を学ぶ人へ、役立つ韓国語を提供するニュースサイト

韓国で注目を集めるデンマーク式スローライフ

忙しいイメージのある韓国や日本ですが、心のゆとりが必要だと考える人が増えてきているようです。

そのため韓国では、デンマーク式スローライフが注目を集めてきているんですよ。

デンマークのスローライフ

デンマーク式スローライフとは、「ヒュッゲ(Hygge)」。この言葉はデンマーク特有の言葉で、日本語でも韓国語でもピッタリくる言葉がないようですね。

厳密に明確に定義づけるような言葉ではなく、生活全般にある色々な「心地良い」「快適さ」などという言葉が相当します。

つまり生活の中などにおいて、ゆったりとした空間であったり、ゆったりとした時間、家族や友人たちと過ごす心安らぐ時間、美味しいものや美味しい飲み物などをゆっくり楽しんだりすること。

【韓国で人気】

また韓国の若者たちは、この「ヒュッゲ(Hygge)」という言葉を自然に使っているようです。

加えてトレンド専門家などたちも今年・来年のキーワードとして挙げているほか、スローライフ系などの書籍が出版されれば、上位をしめる人気振りです

やはり人間は、心にゆとりがほしいという事なのでしょうね。


ゆとりを求める人々

社会の移り変わり

日本や韓国は世界から見ても、労働時間が長く休暇も取れない国として有名です。そんな中、人は何を求めるのか、憧れるのか、ということが浮き彫りになってきたように思われます。

これらが人気を集めてきた背景には、学歴社会・偏差値教育が今の時代には合っていないということも挙げられるのではないでしょうか。

競争社会とはいえ、学歴だけしか見られない社会というものが時代に合わなくなってきているのでしょう。

そんな中で人々がゆとりある暮らしを望んでいるというのであれば、日本や韓国社会も考えていく必要があるのでは?

これからはもっと流れも速くなるうえ、人工知能も登場し職業も人間も変わると言われている中、心にゆとりを持つということがいかに重要になってくるのかを表しているのかもしれません。

社会的不満の表れ

また日本では、快適ライフとして「断捨離」も流行っていますよね。

この断捨離は実用的な日常生活を伝えるライフスタイルだとしたら、このデンマーク式スローライフは、哲学的といえるのかもしれません。

なぜなら社会的不満の表れがでてきていると、専門家たちも分析しているというからです。

日本や韓国は、様々な意味で転換期にあるのでしょう。

海外への憧れだけではなく、人間としての心の豊かさや心のゆとりが幸せをもたらせるということは間違いありません。

しかし現状、日本や韓国はそれとは正反対だともいえますね。ストレス社会であるうえ、精神的な病におかされる人たちも増えてきいるからです。

【幸せの国デンマーク】

それらを踏まえたうえで、このデンマーク式スローライフが注目を集めているということは、やはり人は精神的に安定したいということでしょう。

デンマークといえば常に「幸せな国」などと言われていることから、これらを取り入れ日本も韓国も「幸せな国」になっていけることを願うばかりです。

ヒュッゲって?

会話

가: 민우야 ,휘게라는 말을 알아?

ミヌ!ヒュッゲ(Hygge)という言葉知ってる?

나: 몰라. 그게 뭐야?

知らないよ。それなに?

가: 덴마크식 슬로라이프래.

デンマーク式スローライフだって

関連記事