ユネスコ世界遺産の江陵端午祭

みなさん、江原道にある江陵という都市は聞いたことがありますか?

ソウルからバスで2-3時間のところで、コーヒーの街としても有名ですが、旧暦の5月5日にあたる期間には、とっても大規模な端午祭(단오제)が開催されるんです!

韓国の端午祭とは?

世界ユネスコ無形文化遺産に登録されている江陵端午祭

端午の節句は日本にもありますが、日本のそれとはまた違う、韓国の伝統的な行事がたくさん行われます。

そして、元々農業と深く関係のある行事であったことから、秋夕추석,チュソク)などと同様、旧暦で行われるのも日本と違いますね。

江陵端午祭は、規模も韓国一ですが、歴史的にも最も古くから始められたと伝えられています。現在では、世界ユネスコ無形文化遺産に登録されているほどです!

韓国伝統の魅力をたっぷり味わえる、江陵端午祭がいったいどんなお祭りなのか、詳しく見ていきましょう。

端午祭の流れ

元々の江陵での端午祭の由来は、村の守護神たちをお祀りする儀式を行った後、端午の節句を楽しみながら、村民の共同体としての意識を強化させるために行われていたそうです。韓国の民間信仰と深く関わりがあるんですね。

守護神を祀る儀式は、旧暦の5月5日よりも数週間前に行われ、5月5日にメインのお祭りが開催されます。

各種グッ굿、民間信仰の儀式)、仮面劇(가면극)、ブランコ遊び、菖蒲湯(청포물)で髪洗い、扇子作り、手相などの各種占い、露天市場などなど、色んな伝統文化を体験することができます!

地域の住民はもちろん、国内外から観光客もたくさん参加します。

また、子供からお年寄りまで、年代性別関係なく楽しめる、本当にすごい祭りだな~と感じました。ちなみに、入場料は無料です!

外国人向け江陵端午祭参加ツアー

江陵端午祭には韓国人だけではなく外国人もたくさん訪れます。年々、規模も大きくなっていますが、ここ数年は端午祭実行委員会が主催となって、外国人向けに参加ツアーが行われています。

これは、江陵の都市や伝統文化を伝えるために企画されたもので、1泊2日コースと日帰りコースが用意されていて、韓国の滞在ビザがある外国人が申請書を出せば誰でも参加できます。

費用は1泊2日が5万ウォン(宿泊つき)、日帰りが2万ウォンとかなりリーズナブルも特徴です(2016年実施情報)。

江陵まで自力で行けば、あとはオススメの観光地や端午祭会場に団体バスで連れてってくれるので、いちいちアクセス方法などを自分で調べずに手軽に江陵観光を楽しむことができます。

江陵端午祭のイベント

それでは、江陵端午祭の代表的な見どころイベントをいくつか紹介します。

ブランコ乗り大会

(그네타기)

韓国の伝統的な遊び、特に女の子たちがよくやっていたものに、ブランコ乗り(그네타기)があります。日本の公園にあるようなものより、かなり巨大、というか高いです。

民話の主人公で有名な春香춘향)もよくこれに乗っていたイメージですね。まれに、大きい公園とかに設置してあったりもします。

江陵端午祭では、誰が一番高く漕げるか、大会をやっていました。飛び入りで誰でも参加でき、参加者は韓服한복)を着て乗ることができます。私も、せっかくなので春香になったつもりで挑戦しました!

お兄さん3人がかりで押してもらいます。かなり高さがあるので本当に怖かったです。

この大会では何メートル以上かの高さを超えれば、予選突破だったのですが、怖さゆえにしっかり漕ぐことができず、予選通過できませんでした。

グッ

굿

端午祭のメインとも言えるかも知れません。韓国のシャーマニズムの祭司者である、ムーダン무당)が、神を祀るためのグッ굿)という儀式を行うのですが、こちらも無料で誰でも観覧できます。

グッにはいろんな種類がありますが、音楽や舞踊をしながら神と交信するのが特徴です。江陵端午祭に出られるムーダンは、世襲制の人のみだそうです。

本物のグッを依頼して参加するには、何百万ウォンとかかるはずですから、本当に貴重な体験です!

歌詞は方言も入ってたりして韓国の人にも難しいのでしょうか、後ろの電光掲示板に、グッの名前と歌い手と一緒に歌詞も出ていました。

菖蒲湯で髪洗い

청포물

菖蒲は、悪い餓鬼を追い払う効果があると信じられていて、昔女の子たちは端午の日に菖蒲湯で髪を洗ったそうです。

これも、体験できるんです!アジュンマたちが、洗面器に菖蒲湯を入れて、しっかり洗ってくれます。

他にも見所はたくさん

このほかにも色んな伝統遊びがありました!さらに、食品、料理、生活用品などなど、あらゆるものが売られている市場もあります。一日いても、全然時間が足りないくらいでした。

韓国の伝統文化がぎっしり詰まった江陵端午祭、参加してみてはどうでしょうか?

2017年は5月27日~6月3日まで開催されます。旧暦で計算するので、日にちは毎年変わりますので注意しましょう。

関連記事

  1. 韓国のお土産といえば?

    韓国のお土産といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?代表的なものといえば、キムチや韓国海苔、また…

  2. 毎年10月のソウル世界花火大会

    花火大会といえば、世界的にも日本の花火は歴史が古く、一年に行われる回数もとても多いことで有名ですが、…

  3. 韓国 おすすめエリア 乙支路・忠武路

    おすすめエリア 乙支路・忠武路庶民的なお店が並ぶ街、乙支路・忠武路。伝統文化なども多く、観光に最適な…

  4. 韓国 おすすめエリア 南山

    おすすめエリア 南山庶民的な街、「南山」ソウルタワーがあることでも有名です。そんな南山のおすすめスポ…

  5. ソウルからプサンまで

    韓国の首都と言えばソウルで、韓国語を勉強している人はもちろん、ある程度の人は知っていることでしょう。…

  6. 韓国・地方 おすすめエリア 済州島

    韓国随一のリゾート地「済州島」ドラマのロケ地としても有名です。そんな済州島のおすすめスポットなどを紹…

  7. 韓国・地方 おすすめエリア 釜山

    韓国の第二都市「釜山」夏は大勢の人で賑わい、日本人観光客からも大変人気があります。そんな釜山のおすす…

  8. 韓国の沖縄、済州道

    風、海、山、黒豚、菜の花、トルハルバン(돌하루방)、方言、など。これら特徴は、韓国人なら誰もが제주도…

PAGE TOP